パチンコホールのコストダウンは島設備から!どんな設備を選ぶかで年間百万以上の差がつきます。

リニューアルオープンのためにはPS併用タイプの島設備を

現在のパチンコ業界において、成功率の高いイベントはリニューアルオープンです。最近は、パチンコ業界最高の集客が見込めるグランドオープンの成功率が下がっており、相対的にリニューアルオープンへの期待が高まっています。

 

では、リニューアルオープンで成功する条件は何でしょうか。どこのホールでもリニューアルオープンを謳っている中、貸し玉金額の変更程度ではインパクトが足りません。

 

そんな状況下で効果が期待できるリニューアルは、人気のあるスロット台の数を増台したり、臨機応変に機種を入れ替えることですが、実際はそんなに簡単にはいかないのです。

 

なぜなら、パチンコ(P)の島とスロット(S)の島は設備が固定されており、それを入れ替えるとなると、コストと日数がかかるためです。

 

打開策として注目されているのがP/S併用タイプの島

そこで、現在注目されているのがP/S併用タイプの島なのです。

 

スロットはパチンコよりも機種の人気によって業績が左右されやすく、そのリスクを考えることが必要になります。

 

しかし、人気のあるスロットを増台することで大きな集客力を発揮する期待もあります。

 

つまり、パチンコ・スロットの人気機種をその都度入れ替えることができるのが理想なのです。

 

そして、その理想を叶えるのがP/S併用タイプの島設備と言えるでしょう。

 

その特徴は、

 

P/S入れ替え工期が短期間で完了

これまでは4〜5日はかかっていた、パチンコ⇔スロットの入れ替え工事が短期間で完了することです。

 

休業せずに入れ替えを行うことができ、休業による機械損失を防ぐことができます。

 

入れ替えが比較的容易

入れ替えが比較的容易に行え、島設備業者を呼ばなくてもスタッフだけで対応できるようです。

 

これが大きなコスト削減になるのではないでしょうか。

 

今後、パチンコだけ、あるいは、スロットだけという方針では厳しいパチンコ業界で生き残ることは難しくなります。

 

P/S併用タイプの島設備を導入することで、スロットとパチンコを自由に入れ替えが可能となり、お客さんのニーズに合わせた営業スタイルを実現できるようになりますね。

 

リニューアルが容易になるP/S併用タイプの島設備はこちら